CLIP STUDIO PAINT PROでLINEスタンプ

CLIP STUDIO PAINT PROによるLINEスタンプの作り方紹介

アニメーションスタンプの重さは300KBまで!

f:id:utsugiyukika:20191108211543g:plain


LINEスタンプのサイズには1個あたり1MB以下という制限があります。

 

アニメーションスタンプだと、1個あたり300KB以下となります。

 

このサイズを超えてしまうと、アップロードした時にエラーが出てしまい、スタンプ画像をアップすることができません。

 

わたしが普段作っているのはアニメーションスタンプですが、「CLIP STUDIO PAINT PRO」でスタンプを完成させ、LINEスタンプの形式である、APNGアニメーションとして書き出した場合、イラストの作風にもよるのでしょうが、大抵は300KBを超えずに収まってくれています。

 

なので、制作中に画像の重さを気にかけることはほとんどないのですが、ごくたま〜に、300KBを超えてしまうことがあり、「えっ?!」となって、あわてます。

 

すでに作品は完成してしまっていることが多く、そこからなんとかサイズを落とさなくてはなりません。

 

サイズが重たくなってしまう原因としては、背景の描き込みすぎや、グラデーションなどによってイラストの色数がとても多くなってしまっていたり、アニメに複雑な動きをつけすぎてしまった、などがあげられます。

 

たとえば、先日リリースした「冬暦〜二十四節気と七十二候〜」の鮭のアニメなのですが、初めは魚が次々と画面を横切っていくという動きをつけ、苦労の甲斐もあって非常に満足していました。

 

ところが、いざアニメとして書き出してみると400KBを余裕で超えてしまいました。

 

なんとかしようとしばらく奮闘したのですが、どうしても無理だったので、泣く泣くあきらめて、現在のモノに作り直しました。

 

ちなみに作り直したアニメはこれになります、魚の色を細かく塗りすぎたのが原因だったのかな?

f:id:utsugiyukika:20191108205022g:plain

 

こんな風に、せっかく完成したものを一から作り直すのは、非常に残念ですし、ナカナカ面倒なことなので、細かい絵を使ったアニメを作る場合は、試しに途中で書き出してみて、どれくらいのサイズになるのか確認してみることをオススメします。

 

ところで、ネットには便利なツールがいろいろとあって、その中でPNGの画像サイズを小さくできる「TinyPNG」というサイトはとても便利で、頼りになります。

tinypng.com

 

わたしは以前、着せ替えの「トークルーム画像」のサイズがガイドラインを超えてしまい、困ったことがあるのですが、このサイトを利用して画像をサイズダウンして、無事にアップできました。

 

例えばこの画像は137.5KBあります。

f:id:utsugiyukika:20191108205922p:plain

これを「TinyPNG」にドロップすると。。。

-74%となり、36.2KBになりました。

 

f:id:utsugiyukika:20191108210137p:plain

 

このように、サイズダウンした画像を、もとの画像と比べてみても、ほとんど遜色がありません。

 

LINEの「ガイドライン」という縛りの中で、できるだけ満足のいくものを創ること。

 

わたしにとっては、それがスタンプ作りの面白さでもあります。

 

こうした失敗や妥協を何度か経験したことによって、アニメーションスタンプの「ちょうどいい表現」というものが、少しずつわかってきたような気もします。