初めて作るLINEスタンプ

CLIP STUDIO PAINT PROによるLINEスタンプの作り方紹介

季節を先取りして制作する

f:id:utsugiyukika:20200706065759g:plain


これを書いている現在7月ですが、先日クリスマスのアニメスタンプを完成させました。

 

去年はお正月のスタンプを作ったのですが、今年はクリスマスに挑戦してみよう!

と、春から考えていました。

 

販売は11月ごろを予定しているので、それまで寝かせておくことになりますが「これで絶対間に合う!」と一安心です。

 

f:id:utsugiyukika:20200706070537j:plain

 

こんな風に、わたしは季節もののスタンプを作る際には、結構余裕をもって前もって制作に取り掛かるようにしています。

 

売り出したい季節の1ヶ月前にはリリースしたいし、その前に審査もありますので、例えば夏のスタンプなら、5月には売り出すとして3月頃には制作に入ります。

 

「もう間に合わないなぁ」と思うと、作るのを来年に回したりします。

 

季節ものは、やはりそのシーズンの時にこそよく売れますので、遅れをとらないように準備しておくとあわてなくてすみます。

 

また、季節は毎年めぐってきますので、一度作っておくと毎年楽しみができていいですよ♪

完成した「アニメーションスタンプ」のサイズを落とす

f:id:utsugiyukika:20200420213127g:plain


わたしは現在「小さな和鳥の夏スタンプ」という新作スタンプを製作中です。

 

ところが!スーパーマーケットのスタンプで背景を丁寧に描いたところ、例によってサイズ容量オーバーのスタンプが完成。

f:id:utsugiyukika:20200420213626j:plain

 

「せっかく描いたのに無駄になるのか?!」と、焦ったところ、以前ご紹介させて頂いた「TinyPNG」というサイトで、なんとかサイズダウンして無事にアップロードすることができました。

tinypng.com

 

これがそのスタンプです。

f:id:utsugiyukika:20200420212603g:plain


わたしは最初、この「TinyPNG」というサイトでは静止画のPNG画像しか容量を減らせないと思っていたのですが、アニメーションとして完成させたAPNGでも、おなじようにサイズを減らすことができます!

 

完成した「アニメーションスタンプ」がサイズオーバーして困った方は、ぜひ一度お試しください。

 

「小さな和鳥の夏スタンプ」は、オリジナルキャラクター「小さな和鳥」の季節ものシリーズの3作目で、夏にありがちなシチュエーションを、24個のアニメーションスタンプにしてまとめたものです。

 

24個中、現在23個めを製作中なので、完成までもうちょっと。

 

テーマの一つに「こいのぼり」を扱っているので、5月までにはリリースしたいと考えていたのですが、「LINE Creators Market」より、新型コロナウィルス感染症の影響により、審査期間が長くなるとのお知らせがあり、5月までの販売は難しいかもなあ。。。と思っています。

f:id:utsugiyukika:20200420210246j:plain

 

オリジナルキーホルダーを作ってみた!

f:id:utsugiyukika:20200306210313g:plain

自分だけのオリジナルグッズって憧れませんか?

 

わたしはかなり前から、一度は自分のイラストでオリジナルのグッズを作ってみたいと思い、時々引き受けてくれそうなお店をネットで探したりしていました。

 

しかし、見つかってもロット数(1回で生産する製品数量のまとまりのこと)が100個〜などのところが多く、当然値段も高額で、「これはとても無理だなあ。。。」と半ばあきらめていました。

 

お店や同人活動などをしておられる方なら、100個くらい作っても使い道があるのかもしれませんが、わたしは個人でささやかに楽しみたいだけなので、とても大金を払って100個作る気なんかにはなれません。

 

ところが先日、イラストを描くためにネットで資料を探していた際に、ひょいと検索で引っかかったサイトが、1個からのキーホルダーの制作を承るとのこと!値段も190円〜と安い!!

 

f:id:utsugiyukika:20200306210136g:plain

 

というわけで、早速申し込みをしてしまいました。

そのサイトとはアクリルグッズ制作の専門店「アクリルグッズの達人」です。

https://acryltatsujin.com

 

作って欲しいグッズの画像さえ用意できれば、どんなファイル形式であってもサポート(別料金が必要)により制作が可能、実際わたしもPNG画像しか用意できなかったので、サポートサービスを購入してデータを作ってもらいました。

 

そして、出来上がったのがこちら。

f:id:utsugiyukika:20200306202842j:plain

スマホポーチに付けてみました、裏面もあります。

f:id:utsugiyukika:20200306195641j:plain

 

ご覧のとおり、裏面は光にかざすと表のイラストが少し透けて見えてしまいますが、たいして気になりません。

 

代金は、

・アクリルキーホルダー(両面印刷)50×50mm以内:¥1,375(税込)

・アタッチメント ナスカン(銀):¥11(税込)

・入稿データ制作アシストサービス:¥1,650(税込)

・送料:¥880(税込)

 

から、会員登録などでポイントを差し引いてもらい、結局

 

¥3036(税込)かかりました!

 

キーホルダーの金額としては高いように思いますが、なにしろ世界に一つしかない、自分のイラストのキーホルダーです!

出来上がりも市販のものと遜色ない出来栄えで、大変満足しています。

 

外出時にスマホポーチにつけて持ち歩き、ふと手に取っては嬉しくて幸せな気持ちになっている毎日。。。夢が形になるのって本当に素敵ですよね♪

 

今度は3Dフィギュアも作ってみたいです!

 

 

売上金を受け取ろう!

f:id:utsugiyukika:20200229192009g:plain

売上金がもらえるのは1000円から

LINEスタンプが売れて、分配額が1,000円を超えると、「LINE Creators Market」の「マイページ」にある「売上/送金」→「送金申請」のページから送金をリクエストすることができるようになります。

 

f:id:utsugiyukika:20200217124945j:plain

 

「送金申請」をするためには、事前に「送金先情報」の設定が必要です。

 

これは「マイページ」の「アカウント設定」にある「送金先情報」のタブから設定できます。

f:id:utsugiyukika:20200224210652j:plain


 

「送金先情報」の設定はクリエイターがどこの国に住んでいるかで内容がちがってくるようですが、日本国内の場合は「銀行振込」か「LINE Pay」かを選択します。

 

ちなみにわたしは「LINE Pay」を選択しています。

 

理由は「LINE Pay」の場合は「送金手数料」が0円だからです。

(ただし、LINE Payから自分で現金として「出金」する場合、「出金手数料」が220円かかります)。

 

「銀行振込」の場合は「送金手数料」が550円かかります。

 

「LINE Pay」を選んだ場合は、ボタンをチェックするだけでよいですが、「銀行振込」を選んだ場合は、必要な情報を入力します。

 

f:id:utsugiyukika:20200225074735j:plain

分配額-源泉徴収額=送金可能額

 「送金申請」のページには、

 

「分配額は、送金をリクエストした日から45日以内に送金されます。」

「送金可能額から送金手数料を引かれた金額が送金されます。」

 

などと、書かれてあります。

f:id:utsugiyukika:20200229191133j:plain


 この「送金可能額」というのは、「分配額」から「源泉所得税」を差し引いた金額です。

 

つまり、

 

分配額-源泉徴収額-送金手数料=実際に送金される金額

 

ということになります。

 

「送金申請」をリクエストして、実際に送金された後、 「送金申請」のページにある「履歴」から「支払い明細書」(PDF)がダウンロードできるようになるのですが、それを確認すると「源泉徴収額」がいくら引かれているのかがわかります。

f:id:utsugiyukika:20200217123820j:plain

 

いつ頃送られてくるのか?

さて、「送金申請」ボタンをクリックすると、「送金可能額」が一旦リセットされて0円となり、同時にLINEから、確認のメールが届きます。

f:id:utsugiyukika:20200224205625j:plain

「送金申請」のページの下の方には、申請の「履歴」が表示されます。

 

「履歴」には一応「送金予定日」が載っているのですが、あくまで「予定日」なので、いつ送金されるのかハッキリとはわかりません。

 

2/28の予定が2/19、1/9の予定が12/16など、実際には「送金予定日」より、わりとはやく来ることが多いみたいです。

 

あとはひたすら待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

忘れた頃に突然メールが届き、「あっ、送金してくれたんだ!」

ということがわかります。

LINEスタンプの売上金について

f:id:utsugiyukika:20200220094153j:plain


もらえる金額は売上の35%

LINEスタンプが売れた場合、クリエイターに支払われる金額は、いったいどのように計算されているのでしょうか?

 

「気にしたところで、どのみち貰えるものしか貰えないんだから詳細は別にいいや」

 

とか思い、あまり気に留めてなかったのですが、遅ればせながら「LINE CREATORS MARKET 販売マニュアル」を調べてみました。

 

すると、 「送金申請」という項目が見つかり、

 

f:id:utsugiyukika:20200217200455j:plain

「審査申請日が2015年2月1日以降の場合:  (クリエイターのマイページにおいて確定額として通知された本コンテンツの売上総額  - Apple App StoreGoogle Play等のプラットフォームに本コンテンツの配布に関して  支払う手数料として売上総額の30%)×50%」

 

と、記載されていました。

f:id:utsugiyukika:20200217132521g:plain

なんだか、ややこしくて最初はよくわからなかったのですが。。。

 

ようするにAppleGoogleなどに、プラットフォームを使う手数料として、売上総額の30%を支払う必要があり、その残りをLINEとクリエイターで折半するということのようです。

 

(100%-30%)×50%=35

 

というわけで、

実際にもらえる金額は売上の35%ということになりますね。

具体的にはいくらになるのか?

LINEスタンプの価格

35%というのは、具体的にはいくらになるのでしょう?

 

まず、スタンプの価格ですが、販売する際にいくらで売るのかは「LINE Creators Market」の「マイページ」にある「アイテム管理」からアイテムを選び、「販売価格情報」のタブから自分で設定することができます。

 

f:id:utsugiyukika:20200217200728j:plain

自分でといっても金額はあらかじめ決められていて、その中から好きなものを選択します。

 

・静止画の場合

¥120(デフォルト)、¥240、¥360、¥480、¥600

・アニメーションの場合

¥250(デフォルト)、¥370、¥490、¥610

 

のいずれかとなります。 

 

よほどの自信がある人でないかぎり、通常はデフォルト価格のままにしておくのではないかと思います、わたしもそうです(価格訂正なんかしようと考えたことすらない)。

 

なので、ここでは120円のままで考えてみます。

 

120×35%=42

 

となりますので、静止画スタンプが一つうれると、42円の売り上げになるということになります。

 

売上はどこで売れたかでちがう

ところで、売上金はスタンプがどのプラットフォームで売れたかによってちがいが生じるようです。

 

LINE STORE」や「スタンプショップ」の表示金額を見ると、

 

f:id:utsugiyukika:20200217211357j:plain

 ・LINE STORE

¥120

f:id:utsugiyukika:20200217211413j:plain

・スタンプショップ

50LINE コイン

 

 となっています。

 

この「LINEコイン」についてですが、「LINE Creators Market」の「マイページ」で確認できる「売上レポート」に、

 

 「2015年5月1日以降の購入分は1.76円として計算されます。」

 

と記載されています。

 

f:id:utsugiyukika:20200217204537j:plain

 

つまり、おなじスタンプでもスタンプショップの方では

 

50コイン×1.76円=88円

 

ということになり、LINE STOREで売れた時より、売上が32円少ないということになります。
 

f:id:utsugiyukika:20200220095421g:plain

売れるだけで大変ありがたいです!

でも32円という差はないほうが良かったなあ。。。

 

 

 

LINEアニメーションスタンプ制作④タイムラインを整理する

いらなかったセルを削除する

アニメーションスタンプを立ち上げた際に、20枚のセルを用意しましたが、今回のアニメで実際に必要だったのは8枚でした。

 

なので、いらなくなった9〜20のセルは一つずつ選択して削除してしまいます。

 

アニメーションフォルダーの中身が「8」となり、このアニメは8枚のイラストで動くアニメだということがわかります。

f:id:utsugiyukika:20200216193146j:plain

 

タイムラインを整理する

 「タイムライン」はこうなっています。

f:id:utsugiyukika:20200216193645j:plain

アニメーションスタンプでは「最低5フレーム〜最大20フレーム」まで使うことができます。

 

すでに最低ラインである「5フレーム」をクリアしているので、このまま8フレームで終わらせても大丈夫です。

 

しかし、動きを繰り返した方が歩いている感じがでるので、9〜20フレームまでおなじフレームを繰り返すことにします。

 

何も入っていないフレーム「9」を最初のフレーム「1」に置き換えるために選択します。 

 

上にある「セルを指定」のアイコンをクリックします。

f:id:utsugiyukika:20200216195415j:plain

「レイヤー選択」のウィンドウが開きます。

 

表示させたいレイヤーである「1」を選び、レイヤー名にもおなじく「1」と入力します。

f:id:utsugiyukika:20200216195654j:plain

フレーム「9」がフレーム「1」となり、おなじイラストが表示されるようになりました。

f:id:utsugiyukika:20200216200111j:plain

おなじように、フレーム「10」〜フレーム「20」も置き換えていきます。

f:id:utsugiyukika:20200216200727p:plain

最終的にはこんな風になります。

 

アニメを再生させてみる

「タイムライン」の左上の方にある、「再生/停止」ボタンにより、アニメの再生ができます。

f:id:utsugiyukika:20200216201224j:plain

f:id:utsugiyukika:20200216201546g:plain

足以外に、羽の動きや上下の動きもつけて、歩いている感じを出してみました。

おかしなところや、ぎこちないところがあればイラストを修正して再度確認し、納得のいくまで手直しします。

 

このアニメはこれで完成です!

 

しかし、こうした単純な繰り返しのアニメの場合は、「ループ」機能を使った方が、もっとラクに作ることができます。

 

「ループ」を使った方法も次でご紹介してみます。

 

LINEアニメーションスタンプ制作③ イラストに動きをつける

イラストを「アニメーションスタンプ」に持ってくる

LINEアニメーションスタンプ制作①で用意しておいたイラストをフォルダーごとコピーして、「アニメーションスタンプ」のセル「1」に貼り付けします。

f:id:utsugiyukika:20200211144615j:plain


こんな風になると思います。

しかし、このままだとイラストは画面に反映されません。

この「小鳥」のフォルダーを、下にきたセル「1」と差し替えます。

 

セル「1」を選択して削除し、「小鳥」のフォルダー名を「小鳥」→「1」に変更します。

f:id:utsugiyukika:20200211145112j:plain


「小鳥」のフォルダーがセル「1」となり、イラストが画面に反映されるようになりました。

セルは、複数のレイヤーが入ったフォルダーでも「1枚のセル」として認識されます。

f:id:utsugiyukika:20200211145346j:plain

ちなみに「タイムライン」はこうなっています。

f:id:utsugiyukika:20200211145601j:plain

セル「1」のイラストが表示されるのは、「タイムライン」で「1」を選択している時だけです。

「2」や「3」にはまだ「セル」にイラストが描かれていないので、選択してもなにも表示されません。

イラストに動きをつける

もとのイラストを複製する

小鳥が歩くアニメを作りたいので、足の部分に動きをつけていきます。

 

動かしたいのは足の部分だけなので、まずはセル「1」をそのままコピーします。

セル「1」をつかんで、そのままレイヤーの上にある「新規ラスターレイヤー」ボタンにドラッグします。

f:id:utsugiyukika:20200211155656j:plain

f:id:utsugiyukika:20200211151348j:plain

セル「1」の上にセル「1a」ができました。

 

ちなみにコピーすると、新たなアイテムには、もとの名前の後ろに自動的にアルファベットがついていきます。

 

先ほどとおなじように、セル「1a」をセル「2」と差し替えたいので、「2」を選択して削除し、「1a」の名前を→「2」に変更します。

 

f:id:utsugiyukika:20200211153044j:plain

f:id:utsugiyukika:20200211153205j:plain

セル「2」がイラストとなり、「タイムライン」の「2」にイラストが反映されるようになりました。

 

新しく絵ができる度に、こうしてもとからある「セル」と差し替えて、反映させていきます。

慣れるともっと自由にセルを扱えるようになりますが、今回はわかりやすい方法を選びました。

 

オニオンスキンを使う

セル「2」のイラストに動きをつけるために、「オニオンスキン」を使います。

「2」に動きをつけることで、「1」→「2」と通して見た時に「1」が動いているように見えるようになります。

「タイムライン」の「2」を選択し、上にある「オニオンスキンを有効化」ボタンをクリックします(もう一度押すと解除されます)。

f:id:utsugiyukika:20200211154241j:plain

試しに「2」のイラストの足の部分を動かしてみます。

f:id:utsugiyukika:20200211155003j:plain

「1」のイラストが、薄いブルーの色で透けて見えています。

 

このように、「オニオンスキン」を有効化すると、ひとつ手前のセルのイラストがブルーでわかるようになります。

このブルーのイラストと見比べながら、次のイラストに動きをつけていきます。

 

f:id:utsugiyukika:20200211160956j:plain

「2」のイラストができたら、つぎは「3」です。

 

先ほどとおなじように、「2」のセルをコピーして、もとからあったセル「3」と差し替えて反映させ、「オニオンスキン」で「2」のイラストを透かして見ながら、新たに「3」の動きをつけていきます。

f:id:utsugiyukika:20200211161744j:plain

f:id:utsugiyukika:20200211163335j:plain

ちなみに「オニオンスキン」では、ひとつ後ろのイラストは、ご覧のように薄いグリーンで表示されます。

 

「タイムライン」を動かして、前後の動きをみながら、動きがなめらかになるように修正していきます。

f:id:utsugiyukika:20200211164123j:plain

今回の歩くアニメは、動きのちがうイラストを8枚用意すれば、あとは最初に戻ってその繰り返しです。

f:id:utsugiyukika:20200211165338j:plain

全体の動きをみて、もとのイラストである「1」にも、もう一つの足を描き加えました。

 

 LINEアニメーションスタンプ制作④タイムラインを整理する