CLIP STUDIO PAINT PROでLINEスタンプ

CLIP STUDIO PAINT PROによるLINEスタンプの作り方紹介

アニメーションスタンプに挑戦

f:id:utsugiyukika:20190805183820g:plain


わたしの作ったLINEスタンプは、1作目の「ふっくら小鳥の日常」以外はすべてアニメーションスタンプです。

 

わたしがLINEスタンプを作り始めた時「スタンプショップ」では、すでにアニメーションスタンプがたくさん販売されていて、そのインパクトに驚いたわたしは「静止画はアニメにかなわないのではないか?」と密かに思っていました(現在は思っていませんが)。

 

動きのあるスタンプはその分楽しいし、もらった方もきっと嬉しいにちがいない。

 

しかし、アニメを作るのは、たぶんものすごく大変な作業だろうから、初心者のわたしには、まだまだ無理だろうなあ。。。残念だなあ。。。と、凹んだり、すでに作って売っている人に憧れて、うらやましく思ったりしていました。

 

しかし、何事もやってみなければ始まりません。

 

アニメーションスタンプについて考えているうちに、アニメで表現したいスタンプのアイデアが次々と浮かんできました。

 

幸い、制作のために買った CLIP STUDIO PAINT PRO にはアニメを作れる機能がついていました。

 

それどころか「新規」の設定画面で「アニメーションスタンプ」というプリセットがちゃんと用意されているほどで、LINEアニメーションスタンプを作るにはもってこいのソフトです。

 

説明書を何度も読み返すうちに、しだいに「わたしにも、できるようになるかもしれない」と思うようになりました。

 

そうなってくると、あとは挑戦するのみです。

 

ノートに作りたいアニメのイメージを描き、動かしたいイラストをPCに取り込んで、説明書とにらめっこしながら何度もやり直し、初めてイラストが動いた時。。。

 

「これは、面白い!」と、すぐに夢中になりました。

 

そうして完成したのが、2作目の「和風スタンプ」です。

store.line.me

 

「和風スタンプ」は、あとから文字を修正して「改訂版」を出したので、初めのものは現在は販売中止となっていますが、イラストはおなじものをそのまま使っています(ショップでの並びも3番目となっています)。

 

とても難しそうに思えたアニメーションスタンプですが、実際にやってみると、それほど難しくはありませんでした。

 

ちゃんとしたソフトを使えば、動かすだけなら、誰でもすぐに動かせるようになると思います。

 

以来、わたしが作ったスタンプは、現在のところすべてアニメーションスタンプです。

 

アニメの方が表現方法が自由で、作っていて楽しいからですが、他にも理由として、作る数が最大24個で良いこと。

 

売る時の単価が、静止画よりも高く、売れた時の収入が大きいことなどがあげられます。