CLIP STUDIO PAINT PROでLINEスタンプ

CLIP STUDIO PAINT PROによるLINEスタンプの作り方紹介

自分だけのマスコットキャラクター

f:id:utsugiyukika:20190908055211g:plain


「自分だけのマスコットキャラクターが欲しい」

 

と、ずっと思っていました。

 

自分の分身のような。。。そのキャラクターを見れば、一目で誰なのかがわかるような。。。

 

そんな、自分自身の看板的なキャラクターが一つあればいいのになぁ、と。

 

LINEスタンプの世界は、世界中のクリエイターたちが作る、個性豊かなキャラクターで溢れかえっています。

 

わたしも、なんとか自分らしいキャラクターを形にしようと、アイデアをイロイロと考えました。

 

巷では猫がもてはやされているようですが、わたしは動物の中では鳥が一番好きです。

 

そこで、「小鳥を使った可愛らしいキャラクターを一つモノにしてみよう!」と、決心し、一番初めにこしらえたのが、髷を結ったスズメが着物を着ている「丁髷雀(ちょんまげすずめ)」です。

store.line.me

 

これは、まったく全っ然売れませんでした(笑)

 

どうして売れないのかを考えました。

 

人の意見も参考にし、その結果、どうやら特徴のありすぎる「濃い」キャラクターよりも、なるべくクセのない、誰もがとっつきやすい、「普遍的」なものの方が、好まれるのではないかという結論に達しました。

 

そして、動きはおなじままで、キャラクターの小鳥をなるべくシンプルに、ただの「小鳥」として描き変えたものが「小さな和鳥スタンプ」です。

store.line.me

 

「和鳥」というのは、カナリヤやインコなど、外国産の「洋鳥」に対し、日本産の鳥を指す言葉で、「和もの」に凝っているわたしは、どうしても「日本の野鳥」にこだわりました。

 

このスタンプは、ものすごく、というほどではありませんが売れました。

 

おなじ動きの「丁髷雀(ちょんまげすずめ)」が、未だに売れてないのですから、キャラクターをシンプル路線に変更した、わたしの読みは当たっていたと言っていいのかもしれません。

 

しかし、わたしはこの「小さな和鳥」に満足していませんでした。

 

表現したかった小鳥は、静止画スタンプとして一番最初に描いた「ふっくら小鳥の日常」の小鳥みたいに、もっとこう、羽根の感じがフサフサしていて、丸っこい感じの鳥だったのです。

 

ペンで描いた線を、アニメーションさせるために「ベクター」化すると、線自体はキレイなのですが、なんとなくツルツルした感じになってしまい、手描きのふわふわ感を出すのには手間がかかります。

 

そこをあきらめずに、なんとかイメージに近づけようとがんばりました。

 

そして完成したのが、小鳥キャラクターの第三弾「小さな和鳥の日常スタンプ」です。

 

store.line.me

 

リリース後に修正箇所が見つかったので、「リメイク版」となりました。

 

今朝リリースしたばかりです、どうなるかな?